ブログ

賃貸か、売却か?

不動産投資では「購入した物件を賃貸経営する」ということ以外にも利益を得る方法があります。

単純なことですが、購入した値段より値上がりしたら、売却して売却益を得ることです。

これはバブル期などに流行った方法です。

今では考えられないかもしれませんが、バブル期には不動産を購入すれば必ず値が上がるという状況が続いていたので、「物件を購入後には値上がりを待って売る」、「売って儲けた資金でまた物件を購入し、また売る」というように、売却益で儲けることが可能な時代もあったのです。

ところが今では、購入した物件が値上がりするのは、限られた地域だけになっています。

将来的に値上がりが見込まれる物件を購入するのもいいですが、必ず値上がりするという保証はありません。

普通の人が売却益を狙って不動産を購入するのは、今では難しいことです。

可能なら、賃貸収入と売却益の両方を狙うのが、資産を増やすための早道になります。

購入して賃貸経営を続けながら値上がりするのを待ち、値が上がったところで売却する、このような戦略もあります。

しかし、値上がりを期待して待ち続けるというのも難しいので、基本は賃貸収入、いわゆるインカムゲイン狙いでいく方法が一般の人には向いていると思います。

ちなみに不動産を売却して得られる利益のことを「キャピタルゲイン」、家賃収入の事を「インカムゲイン」と言い、これは株式投資など投資の世界でも使われる言葉なので覚えておいて損はないでしょう。

本書ですすめている不動産投資法は、都心部周辺地域の中古物件を1千万以下で購入するというやり方なので、購入した物件が値上がりする可能性は低いです。

したがって、売却益を狙う方法は合わないでしょう。

さて、ここからは不動産とは異なる話になりますが私が行っている投資法について紹介したいと思います。

私が行っている投資法はFXSUITで運用する「さんすくみ」になります。

さんすくみは銀行の預金感覚で行える投資法になり、月利15%の収益を安定して稼ぐことができます。

長期的な資産運用法で不労所得の仕組みを構築したい方におすすめの手法となっております。

これから資産運用を始めようと思っている方は是非、FXSUITのさんすくみを運用してみてください。

関連記事

  1. 負のオーラをまとう男 【悲報】トライアングルアービトラージの収益がゼロになりました
  2. 減収時代でも僅かな投資で勝ち組になる方法
  3. 誰もが夢見る億万長者
  4. 不労所得のための行動は働きながらはじめた方がいい
  5. PGAシステムはアービトラージで月利21%闇をさぐってみる
  6. アフィリエイト
  7. 投資・分析
  8. みなさんは副業についてどのようにお考えでしょうか。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 負のオーラをまとう男
  2. 投資は人生を豊かにしてくれる
  3. FXSuitで不労所得生活を送る

カテゴリー

PAGE TOP